このページの先頭です

国際協力、海外技術協力、開発コンサルタント、研修、ボランティア、海外派遣、農業研修のシー・ディー・シー・インターナショナル。

  • 代表取締役挨拶
  • 代表取締役挨拶
  • 私たちが目指すもの
  • 会社データ
  • 沿革
  • 会社概要
  • 組織
  • 組織図
  • 各事業部の目指すもの

代表取締役挨拶

神戸に本社をおく当社は、1995年1月の阪神淡路大震災に直面したことが、事業を展開していく上での大きな意識改革となりました。株式会社として創業したばかりでありましたが、被災状況は想像を超えるものであったため、ボランティア活動に参画しながら会社の体制作りや営業活動を行ってきました。この経験は、「人と自然」、「地域社会」というものを、強く意識させるものであり、会社の経営理念の根幹となりました。

当社のスタッフは、青年海外協力隊で途上国でのボランティア活動を体験した者も多く、各々の技術を持って地域の活性化に役立ちたいと考えております。スタッフの思いが、そのまま当社の「人と自然の調和を目指し、地域に役立つ仕事を創る」という理念となり、「多様な創造をする会社」という社名になりました。

創業以来、私たちの思いを具現化するために、独立行政法人 国際協力機構(JICA)への専門家派遣、近畿大学バイオコークス研究所との野菜の栽培指導から販売までの協働事業、フィリピンからの農業研修生の受入事業、JA兵庫六甲の合併1周年記念イベントの事務局運営、JICAや民間企業の広報事業等を展開してきました。過去の実績においては、スタッフそれぞれの特性を活かし、社会貢献の一助となってきたと自負しております。

しかしながら時代は、急速に進展していく国際化や高度情報化等々、社会情勢や環境が大きく変動していっております。国内外の地域社会のニーズも、地球規模の問題(貧困、紛争、環境破壊等)への取り組みから地域が持つそれぞれの課題への取り組みまで、複雑かつ多岐に亘っております。

今、私たちがその要請に応えていくためには、スタッフ一同が技能向上に邁進するとともに、今まで蓄積された経験や能力を集約し、関連する民間企業、公益法人、学術研究所や大学等との連携を深めた、「ネットワーク型の事業提案」も展開していきたいと考えております。

私たちは、個々のもつ専門性を最大限に活かし、地域コミュニティの活性化を促進することを通じ、人々が経済的・社会的に発展し、共に豊かで平和に暮らせるような社会の確立に貢献します。

株式会社シー・ディー・シー・インターナショナル
代表取締役 高田 孝充

ページトップへ

私たちが目指すもの

弊社の使命

私たちの事業目的は、地域のコミュニティの活性化を促進することです。人々が経済的・社会的に発展し、より良い生活を持続的に享受できる社会の確立のため、私たちのもつ専門性を最大限に活かして貢献します。

●人材育成への支援

持続的に発展した社会を形成していくのは、個々人の人間力です。私たちは、国の内外において、高い技能・課題解決能力・協働姿勢を持つ人材の育成に取り組みます。

●経済発展への支援

社会的安定と経済的安定が良いバランスを取れていない限りその社会は豊かとはいえません。私たちは、社会的な持続性を鑑み、人々の経済基盤の確立と発展的経営を支援します。

●環境保全と農業開発

より質の高い生活には、きれいな空気・水、安全な食品が持続的に提供されることが必要です。私たちは、環境保全と農業開発は両立すべきものであると考え、その方法を提案しています。

ページトップへ