CDC International Corporation

代表あいさつ

president

開発コンサルタントの会社には珍しく神戸に本社をおく当社が、1995年1月の阪神淡路大震災に直面したことは、「人と自然」「地域社会」というものを、強く意識させるものであり、今もなお会社の経営理念の根幹となっています。

当社のスタッフは、途上国で青年海外協力隊として活動したものや東日本大震災でボランティア活動をしたものも多く、困難を伴う現場に立った時の感性、各々の技術を持って地域の活性化に役立ちたいという想いが、スタッフの共通する行動計画に繋がっていると思います。

社会情勢や環境が大きく変動している今日、国内外の地域社会のニーズも、地球規模の問題(貧困、紛争、環境破壊等)への取組みから、地域が持つそれぞれの課題への取組みまで、複雑かつ多岐にわたっています。

今、私たちがその要請に応じていくために、スタッフ一同が技能向上に邁進するとともに、蓄積した経験や能力を集約し、関連する民間企業や大学などとの連携を深めた、「ネットワーク型の事業提案」を展開致します。

私たち個々の専門性を最大限に活かし、地域コミュニティの活性化を促進することを通じ、人々が共に豊かで平和に暮らせるような社会の確立に貢献します。

株式会社シー・ディー・シー・インターナショナル
代表取締役 高田孝充

 

私たちが目指すもの

私たちの事業目的は、地域のコミュニティの活性化を促進することです。人々が経済的・社会的に発展し、より良い生活を持続的に享受できる社会の確立のため、私たちのもつ専門性を最大限に活かして国内外で貢献します。

■人材育成への支援

持続的に発展した社会を形成していくのは、個々人の人間力です。私たちは、国の内外において、高い技能・課題解決能力・協働姿勢を持つ人材の育成に取り組みます。

■経済発展への支援

社会的安定と経済的安定が良いバランスを取れていない限りその社会は豊かとはいえません。私たちは、社会的な持続性を鑑み、人々の経済基盤の確立と発展的経営を支援します。

■環境保全と農業開発

より質の高い生活には、きれいな空気・水、安全な食品が持続的に提供されることが必要です。私たちは、環境保全と農業開発は両立すべきものであると考え、その方法を提案しています。