国際協力、海外技術協力、開発コンサルタント、研修、ボランティア、海外派遣、農業研修

〒650−0004 兵庫県神戸市中央区中山手通4-3-6ゴールデンサンビル2F

防災放送のユニバーサルデザイン化を目指して-UDCast-

阪神・淡路大震災、そして東日本大震災の経験から、防災情報の文字化と多言語対応によってより多くの命が助かる社会をめざします。

UDCastのロゴデモンストレーションを体験していただけます。
UDCastの導入例 UDCastは、放送のユニバーサル・デザイン化の取り組みとして技術開発されました。インターネット環境がなくても情報を文字化して伝えられる「透かし放送」の技術を防災分野で役立てることによって、聴覚障害者や外国人、防災無線放送が聞き取りづらい人に重要な情報を届けることができます。CDCインターナショナルは2015年より主に自治体や観光施設の防災部門様向けにこのシステムの活用方法をご提案しながら、販売しています。

いっしょに泣こう、いっしょに笑おう。

UDCastは、映画のユニバーサル化からスタートしました。

  • 障害をつなぐ 映画やテレビ、メディアコンテンツをバリアフリーに
  • 言葉をつなぐ 多言語サポートで言葉の壁を越える
  • 安心をつなぐ 災害弱者への情報提供に
  • 感動をつなぐ 誰もがリアルタイムで楽しむために

画像を紹介しています。

 

UDCast業務提携先

パラブラ社ロゴ

メディアサポートセンターのロゴ